名古屋市中区の乳腺外科・産婦人科 クーポン検診・ワンコイン検診 クリニックフラウ栄

産婦人科

乳腺外科

産婦人科

WEB予約 詳しくはこちら
 

Callo
 

HOME»  産婦人科

産婦人科の診療について

更年期障害、生理不順、下腹部の違和感、痛み、避妊や生理の移動など、女性特有のお悩みは、お気軽にご相談ください。

日本産科婦人科学会 専門医である院長が丁寧に診察を致します。

すべての女性の頼れる味方でありたいと思っております。

乳がん検診子宮がん検診、卵巣がん検診などの検査だけでなく子宮頚がんワクチン、風疹ワクチン(事前予約必要)、インフルエンザワクチンなどの予防接種のご対応もさせていただいております。
予防接種に関するご予約およびお問い合わせは、お電話にて承ります。

主な検査

経腟超音波検査

婦人科的な診察(内診)の際に使用する超音波検査装置です。膣を通して(膣の中に入れて)骨盤内の状態を観察しますが、主に子宮、卵巣を詳しく見ることができ、お腹から超音波検査するよりもより精細な状態観察をすることができます。
たとえば、婦人科疾患に多い、子宮筋腫などは、位置、大きさ、数など、詳しく観察することができます。また、子宮がん、卵巣がんの状態を観察することにも適しており、卵巣がんの検診は一般にはこの超音波検査で調べます。その他、排卵する状態の卵巣かどうか、妊娠しているかどうかなども詳しく観察することができ、婦人科疾患を調べる検査として最も簡便で不可欠な検査方法です。ただし性交渉が未経験の方の場合は、超音波検査の検査プローブの先端が膣の中を通りますので、痛みを伴うことが多く、あまりお勧めは致しません。

卵巣機能不全

卵巣から分泌される女性ホルモンの不足やバランス異常によって起こる疾患で、不正出血や月経不順、稀発月経(めったに月経が来ないこと)、頻発月経(頻回に月経が来ること)、などがおこります。体質的なもので、原因が分からないことも多いですが、高プロラクチンや甲状腺機能低下、甲状腺機能亢進症、多嚢胞卵巣症候群がその原因となっていることがあり、採血で検査をすることで分かります。

子宮筋腫

子宮の筋肉の部分に良性のコブができる病気です。過多月経(月経量が多くなること)や過長月経(月経期間が長くなること)などが起こります。ホルモン剤による治療で子宮筋腫を小さくし、日常生活に全く支障がなければ経過観察をしますが手術を必要とする場合もございます。

子宮内膜症

子宮の内膜に似た組織が子宮の内膜以外に発生し、卵巣や子宮などが、おおきく腫れる病気です。主な症状は、生理痛が強くなったり、性交渉あるいは排便時の痛みが発生したり、慢性的な下腹部痛の原因になったりします。

卵巣嚢腫、卵巣腫瘍

卵巣に液体がたまることを卵巣嚢腫、卵巣に腫瘍ができることを卵巣腫瘍といいます。ほとんどは原因は分かりませんが、中には子宮内膜症による(よく卵巣チョコレート嚢腫と呼ばれます)ものもあります。治療法はチョコレート嚢腫の場合は子宮内膜症の治療となりますが、その他の場合は経過観察していくか、がんが疑われる場合は手術が勧められます。

月経前症候群

生理前に下腹部の違和感、イライラ、うつ症状、胸のハリ(痛み)、頭痛などが発生し、生理が開始すると同時に症状が消失していく病気です。対症療法のお薬、漢方薬、ホルモン剤の使用で改善します。

月経移動

大切なライフイベントや旅行などと生理が重なってしまいそう・・・
そんな時には次の生理を早めたり遅らせたりして、生理をずらすことが可能です。

診察では月経の周期、前回の生理開始日、生理をずらしたい日程をお伺いします。
 

避妊リング

避妊目的に子宮内に留置する小さな器具です。1度処置を受けることで、5年間入れておくことができ、結果的に低用量ピルよりコストが安く済みます(6万円程度と、ピルの約1年半~2年間分の料金で5年間避妊できます)。
きちんと留置されているか定期的にチェックは必要ですが、ピルのように毎日内服といった面倒くささはなく便利です。デメリットは人によって子宮の形状は違うため、数パーセントの確率でまれに脱落してしまうことや感染を起こしたりするがあることです。

性感染症

女性が性交渉で感染しやすいものとしてクラミジアや淋菌、トリコモナスがあげられます。症状はおりものの異常としてあらわれることも多いですが、腟、おりものの異常なく、腹痛として現れることもあります。いずれも投薬による治療で治ります。

更年期障害

50歳前後の閉経前後の方に発症する病気で、ホットフラッシュ(ほてり)、異常な発汗、不眠、イライラ、うつ、易疲労感などが主症状でその他にも多彩な症状を付随することもあります。診断を確定する客観的検査はないため、症状をお聞きし、他の疾患(甲状腺機能異常など)を除外も検討しなければなりません。治療法は漢方治療やホルモン治療などですが、症状に合わせて抗うつ剤など精神科的治療もあわせて行うこともあります。
当院ではプラセンタ療法もご対応しております。

PAGE TOP