名古屋市中区の乳腺外科・産婦人科 クーポン検診・ワンコイン検診 クリニックフラウ栄

乳腺外科

乳腺外科

産婦人科

WEB予約 詳しくはこちら
 

HOME»  乳腺外科

乳腺外科の診療について

日本では、乳がんにかかる人が増えており、女性が罹患するがんの中では最も多く、2016年の統計では約11人に1人が罹患します。しかし、乳がんは「早期発見・早期治療」で治る可能性の高いがんです。私どものクリニックでは、高い画像診断技術だけでなく、乳癌学会認定医として女性の健康と向き合い、迅速で的確な診療を心がけています。 乳房の痛みやしこり、違和感が気にかかる方や乳がん術後の方、精密検査をご希望の方は当院にご相談下さい。
マンモグラフィ・乳腺エコー・精密検査(細胞診・針生検・エコーガイド下マンモトーム)対応可能です。
自覚症状のない方も1年から2年に1度の乳がん検診をおススメします。
また、名古屋市委託乳がん検診も可能ですので対象の方は是非ご利用ください。

乳がん検診 料金プランのページはこちらです

名古屋市委託乳がん検診のページはこちらです

主な検査

乳腺エコー

乳腺エコー

当院では、診療経験豊富な医師が担当します。
そのため、気になる病変があった場合にはその場で精密検査や治療が可能です。また、検査中の画像を医師とともに確認ができるダブルモニターシステムを採用しており検査中の画像を医師と共有できるため安心です。

乳房用の超音波検査装置は、最新の機器を設置し、細かな病変も捉えられるようになってきてます。また、病変の形状だけではなく、病変の硬さや病変に入り込む血流の有無もわかるため、より高度に診断が可能です。


  • 通常の画像

  • 血流情報を加えた画像

  • 速度の遅い血流情報を
    加えた画像
    高度な画像処理技術に
    より、わずかな血流情
    報を描出するため、診
    断に非常に有用です。

  • 組織の硬さをリアルタ
    イム表示した画像
    乳がんは、一般的に通
    常の組織より硬いため、
    硬さの情報は診断に非
    常に有用です。
マンモグラフィ

乳腺エコー

マンモグラフィは早期の乳がんも発見できる乳房専用のX線装置のことです。乳がんの初期症状の一つである「石灰化」の描出に優れています。

当院では、「東芝MAMMOREX™ Pe・ru・ru™」という装置を採用しており、より鮮明な画質で診断できることはもちろんのこと、「痛みの少ない」圧迫システムを採用しています。検査時の痛みが不安で躊躇されている方も一度受診してお確かめいただいてはいかがでしょうか?

乳腺エコー

乳腺症

乳腺は女性ホルモンによって影響を受けますが、不可逆的に、あるいは維持的に乳腺内の構造に増殖、腫大等の変化をきたして、多くは乳腺の痛みやしこりとして症状が現れます。検査で乳腺内に変化を認めることもありますが、何も変化が見られない場合でも上記疾患と診断がつく場合もあります。現時点ではよい治療法はないですが、多くの方が自然と症状が和らいだり、消失したりします。乳がんとの鑑別が難しい変化もあり、生検等にて詳しく調べることもあります。

乳腺嚢胞

乳腺内に液体がたまることを言います。ほとんど病的意義はなく、放置しておいても消失するか、多くは2㎝以内でとどまっており、症状に現れないことがおおいです。一般に癌化することはないですが、一部がんである嚢胞内癌との鑑別が重要ですので、時には穿刺吸引細胞診にて通常の嚢胞であることを確認します。薬による治療法はなく、基本的には放置しておいても構いません。

乳腺線維腺腫

乳腺嚢胞と同様、乳腺内に良性のしこりができ、嚢胞よりしこりとして触れることで気付くことが多いです。比較的若い方にできやすいですが、嚢胞と違って消失することは少なく、老化によって石灰化し、残存していることも多いです。がん化することはまずありませんが、乳がんとの判別が難しいこともあるため、穿刺吸引細胞診にてがんではないことを確認することも多いです。薬による治療法はなく、がんでないことが確定していれば放置しておいても構わないですが、2cm以上に大きくなってくる場合は手術にて摘出することもあります。

乳管内乳頭腫

乳腺内の乳管と言われる管の中に乳頭腫と言われる良性腫瘍ができ、主に血性の乳頭分泌が症状として発生します。薬物治療はなく、根本的な治療法は手術ですが、がんではないことが確定していれば、症状がなければ必ずしも治療しないです。

PAGE TOP