胸のしこり!癌なの? | クリニックフラウ栄 名古屋市 

2022.03.18

乳腺

乳房や腋のくぼみに「しこり」を感じて心配になる方は多いと思います。乳房にできるしこりの大部分は良性のもので癌とは限りません。ここでは乳がん以外のしこりの主な原因を説明します。

良性のしこり

線維腺腫

10代後半から30代に多くみられます。小さいものは治療も必要ありません。しこりが大きい場合や痛みがある場合には手術をお勧めすることもあります。

葉状腫瘍

40代に最も多く比較的まれな疾患で良性・境界病変・悪性に分類されます。急激に大きくなることが特徴です。

乳腺炎

授乳中にできやすく、しこりだけではなく、痛みや、皮膚の発赤、比較的高い発熱などを伴うことが多いです。

乳腺膿瘍

乳腺炎がひどくなり膿(ウミ)がたまった状態です。

乳腺のう胞

乳管の中に液体が溜まって起こります。ほとんどの場合は、しこりとしてふれないことが多いですが、大きくなるとしこりとして触れることがあります。大きくなると痛みがでることや、反対に体内に吸収されればなくなることもあります。

詳しくはこちらから「良性の疾患の説明」へ

その他

正常の乳腺

乳腺は硬い組織のため、乳腺自体をしこりと感じることがあります。

皮膚病変

粉瘤など皮下に出来るしこりもあります。

豊胸手術後

脂肪を注入した場合などが挿入したものが変性し、しこりとして触れることがあります。

しこりをみつけたら

しこりの原因は様々あります。ご自身ではしこりの原因を判断することはできないため、必ず受診するようにお願いします。

乳腺外科 クリニックフラウ栄 名古屋

乳腺外科のご予約はこちらから

記事一覧へ

\オンライン診療も受付中/

LINEで相談する WEbで相談する

WEBで予約する

LINEで相談する

料金表を見る