ピルのうわさ ~3つの嘘~

2022.07.15

ピル

生理痛

ピルの写真

名古屋市のクリニックフラウ栄です。

現在では様々な情報があふれ、どれが正しい情報なのか判断に迷うこともあると思います。今回は世間で噂されているピルについてのコラムです。

 

「ピル=避妊」のイメージが強く、性行動が盛んな人が飲む、性行動が盛んになると思われている人もいますが、ピルは「月経困難症(生理痛)」の治療薬として適用がある薬もあります。

薬の種類によってもばらつきはありますが、ピルの服用をやめると約9割の人が3か月以内に排卵が再開し生理がきます。

2001年に発表された低用量ピルによる体重変化の調査についての論文では、プラセボとの比較では「ピルは体重増加を引き起こさない」と結論づけました。

「Weight change and adverse event incidence with a low-dose oral contraceptive: Two randomized, placebo-controlled trials」P, Washenik K, Langley RG, et al.

 

ピルは避妊だけでなく、PMS(月経前症候群)や月経困難症(生理痛)にも効果があります。生理だからといって我慢や諦めることはやめませんか?

生理痛についてのコラム

低用量ピルの服用による6つの効果

ピルの相談を予約する

 

記事一覧へ

\オンライン診療も受付中/

WEBで予約する 初診の方へ クリニックフラウ栄TOP

WEBで予約する

初診の方へ

クリニックフラウ栄
TOP